/

この記事は会員限定です

企業の会議にギャル注入 カオスな提案、常識壊す

[有料会員限定]

2022年の上期ヒット商品番付の関脇にランクインしたのが「平成ギャル文化」だった。厚底シューズやルーズソックス、チビTなどZ世代には刺激的だったようだ。モノから再評価されたギャル文化を、コトとして広げようという女性起業家がテレビなどで話題になっている。

CGO(チーフ・ギャル・オフィサー)ドットコムを運営するバブリー氏(本名は竹野理香子氏)だ。本物のギャルを企業の会議に送り込み、知識や経験なしで...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1202文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

大型ヒット商品が生まれにくい時代に勝つマーケティングとは何か。その発想や条件を探ります。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン