/

この記事は会員限定です

データサイエンス教育が予告する「未来の大学授業」

科学記者の目 編集委員 久保田啓介

[有料会員限定]

学生同士が討論しながらテクノロジーの新たな利用法を提案し、人工知能(AI)で授業が創造的だったかどうかを分析して振り返る。AI時代の人材育成をうたって大学で新設が相次ぐデータサイエンス学部で、企業と連携して実践的な教育に取り組む例が出てきた。最新の教育手法や先端の機器を駆使した授業風景から「未来の大学教室」の姿が垣間見える。

1年から「ミニ卒論」

「1912年、北大西洋で氷山に衝突したタイタニ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2575文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン