/

この記事は会員限定です

円安、125円待たずけん制か 輸入品値上がりを問題視

編集委員 清水功哉

(更新) [有料会員限定]

日本の当局はいつ円安をけん制するか――。円相場下落がさらに進む場合、市場参加者が関心を強めそうなポイントだ。従来は2015年に「けん制発言」が出た1㌦=125円程度が容認下限と見られてきたが、今回の円安局面では下限が上がる可能性もある。物価動向を考慮した実質的な円相場は、名目相場が125円だった当時のレベルに近づいており、輸入品の割高感も強まりやすくなっているためだ。

「インフレ率を加味した円の実...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1144文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン