/

この記事は会員限定です

中国製造業の強さ揺るがず ウィリアム・ブラットン氏

元HSBCアジア太平洋株式調査責任者

[有料会員限定]

中国の製造業に関する議論は現実離れすることが多い。労働コストの上昇や地政学的緊張により製造業のピークは過ぎ、その地位をアジアの他国が取って代わるという議論が一方にある。

ところが現実に目を向けると、そうした議論を裏付ける根拠は薄い。一部の企業が中国から生産拠点を移転しているという話はよく聞く。しかしデータを見る限り、中国の国際競争力を反転させるほどの規模には達していない。

このことを最も端的に示...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1521文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン