/

この記事は会員限定です

コンテナ物流、全体捉える必要 高橋伸服氏

物流会社社員

[有料会員限定]

世界的なコンテナ物流の混乱は次第に緩和されつつある。米国西岸沖で荷揚げを待つコンテナ船は昨年のピーク時の100隻以上から6月半ばには30隻程度まで減った。だが混乱の解消には至っておらず、解消時期は依然不透明だ。コンテナ運賃もピークアウト感はあるものの高水準が続いている。

物流混乱から筆者は数年前の健康診断会場での体験を連想する。体重測定や血液検査などは順調に進んだが、最後のX線検査で多くの人が列...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り977文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン