/

この記事は会員限定です

男女の賃金格差、実態反映した公表を 渡辺安虎氏

東京大学教授

[有料会員限定]

企業に男女間賃金格差の公表が義務づけられた。従業員数が301人以上の企業は7月以降の事業年度が対象となる。2023年度からは有価証券報告書でも同様の開示が求められる方向だ。

公表が求められている内容は、男性の平均賃金に対して女性の平均賃金が何割になるかを、全社員について単純に計算したものである。正規雇用と非正規雇用それぞれの区分ごとの男女間賃金格差も公表対象だが、それ以上は求められていない。

男...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り994文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン