/

この記事は会員限定です

ID野球支えた人間洞察 野村克也氏に学ぶ

編集委員 篠山正幸

[有料会員限定]

「凡人の強み」。12月11日、神宮球場で行われた「野村克也をしのぶ会」で配られた資料の表紙に、そう記されていた。弱者としての自分を自覚したところに創意工夫が生まれ、強者を倒す機運が生じる……。そんな人間学の裏付けがあって、ID野球は生きた。データの洪水に押し流されそうになる今こそ、その足跡に学ぶべきときかもしれない。

好勝負を展開した今年の日本シリーズ。いくつかの分岐点のうち、第2戦を1人でまか...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1630文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン