/

この記事は会員限定です

「老」の真実映す演劇 ゴールド・シアター最終公演

[有料会員限定]

老いの真実を映しだす新しい演劇を生みだそう。演出家、蜷川幸雄がつくりあげた高齢者劇団さいたまゴールド・シアターが、最終公演を行っている。世界的注目を集めた「老]の演劇は、次代へつなぐどんな気づきをもたらしただろうか。

人は皆、老いる。動きはにぶく、物覚えは悪くなる。けれど、人生の陰影が刻まれた身体は強靱(きょうじん)な存在感をかもしだす。さいたまゴールド・シアターの最終公演「水の駅」を本拠地の彩...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1735文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン