/

この記事は会員限定です

「構造的賃上げ」掛け声倒れも 市場創造、雇用改革に解

編集委員 水野 裕司

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

政府は10月末にまとめる総合経済対策で「構造的な賃上げ」を打ち出す。成長分野への人材の移動を促し、中長期の賃金上昇をめざす。政策の方向性は妥当だが、すでに公表されている重点施策をみる限りでは、「労働移動」を持続的かつ強力に進められるかは疑問だ。優先順位が高い介護職などの賃上げも、具体策はみえてこない。

賃金低迷の背景に経済のサービス化

政府の「新しい資本主義実現会議」が10月初め、総合経済対策...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3294文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません