/

この記事は会員限定です

人の「糖鎖」を全て解析 病気の治療・予防に応用

[有料会員限定]

2021年12月6日、「ヒューマングライコームプロジェクト」のキックオフイベントとなるシンポジウムが名古屋大学で開かれた。田中耕一・島津製作所エグゼクティブ・リサーチフェロー、森和俊・京都大学教授ら著名研究者が登壇して同プロジェクトへの期待を語った。

これに先立つ11月には、主要推進機関である東海国立大学機構(名古屋大学・岐阜大学)、自然科学研究機構、創価大学の3者が連携・協力の覚書を締結。科学...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り675文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン