/

この記事は会員限定です

核のごみ争点に町長選、国の「思考停止」は変わるか

編集委員 久保田啓介

[有料会員限定]

人口3千人に満たない町の町長選が国の原子力政策を左右する選挙として注目を集めている。使用済み核燃料から生じる「核のごみ」(高レベル放射性廃棄物)の処分地選びの調査が進む北海道寿都(すっつ)町。26日に投開票される町長選に2人が立候補し、調査継続の可否が争点だ。半世紀を超え原発を運転してきた日本にとって、核のごみ処分は避けて通れない。原子力の位置づけをめぐり「思考停止」を続けてきた国の姿勢が問われて...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2019文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン