/

この記事は会員限定です

公的関与減らし構造改革を 危機からの出口に何が必要か

植田健一・東京大学教授

[有料会員限定]
ポイント
○長期の生産性向上は構造改革でのみ可能
○無駄な政策やめて民間企業に代替進めよ
日銀は財政の影響除く物価で政策判断を

大震災、世界的な感染症流行、大国による突然の戦争行為など、大規模な突発的状況には政府による経済活動への強力な関与が求められることは否定しない。しかしそうした施策は長く続けるべきでない。あたかも大手術で使われるモルヒネのように、長く使い続ければ中毒になりまともな生活ができず、ま...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2623文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

経済教室

経済学などを専門とする学者や有識者が内外の論文やデータを紹介しながら、学術的な視点から経済の動きをわかりやすく解説します。

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません