/

この記事は会員限定です

対ロシア制裁の波紋にすくむマネー

編集委員 吉田ありさ

[有料会員限定]

ウクライナ侵攻の影響はどの程度か―。4月半ば大手米銀の1~3月期決算発表ではロシア事業の整理を進めるシティグループが注目された。ロシア事業の損失見通しは25億~30億ドルと市場予想を下回ったが、今後は「流動的な環境の展開次第」とメイソン最高財務責任者(CFO)は不透明感を強調した。

この「環境」とは戦況やロシア景気以上に米国主導の対ロシア制裁を指す。シティが1年前から取り組むロシアの個人金融事業...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り886文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン