/

この記事は会員限定です

大隈重信と高輪築堤 先人の功績、問われる残し方

点照

[有料会員限定]

2022年は大隈重信の没後100年になる。2度首相を務め、早稲田大学の創設者として知られる大隈は通貨を円に統一したり、太陽暦を導入したり、日本の近代化に大きな功績をあげた。「高輪築堤」の整備でも中心的な役割を果たしたのが大隈だ。

新橋―横浜間に日本初の鉄道が開業したのはちょうど150年前の1872年だ。全長29キロのうち、約2.7キロは東京湾の浅瀬に土を盛って堤を築き、レールを通した。JR東日本

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り756文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン