/

この記事は会員限定です

灼熱の金星探査続々 地球の双子星、温暖化にヒント   

[有料会員限定]

米欧を中心に金星の探査計画が相次いでいる。金星は大きさや成分が似る地球の双子星と呼ばれる一方、厚い二酸化炭素(CO2)の大気や硫酸の雲に覆われて地表はセ氏400度を超える灼熱(しゃくねつ)の世界だ。なぜこれだけ異なる環境になったのか。太陽系や惑星の進化の過程だけでなく、地球温暖化の研究にも役立つと期待される。

6月2日、米航空宇宙局(NASA)は2つの金星探査計画を同時に承認した。「ダビンチ+」は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1471文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン