/

この記事は会員限定です

野党共闘は失敗だったのか 針路問う立憲民主党代表選

編集委員 大石格

[有料会員限定]

立憲民主党の枝野幸男代表の辞任に伴う代表選が19日、告示される。泉健太、逢坂誠二、小川淳也、西村智奈美の4衆院議員が立候補する。投開票は30日。争点は世代交代などいくつかあるが、いちばんはやはり、10月の衆院選で枝野氏が主導した「野党共闘」路線、とりわけ共産党との連携の是非である。

衆院選で立民は小選挙区で9議席増やしたものの、比例代表では23議席減らした。大同団結したことで接戦の小選挙区が増え...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1556文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン