/

この記事は会員限定です

サイゴン陥落と似て非なる悲劇 ライオネル・バーバー氏

英フィナンシャル・タイムズ前編集長

(更新) [有料会員限定]

アフガニスタンのイスラム主義組織タリバンが素早い進攻で政府軍を制圧し、15日に首都カブール入りした。ガニ大統領は国外に退避した。(市民が国外脱出を求める)人道的な悲劇は、1975年に迎えたベトナム戦争の終結をほうふつとさせる。

75年4月、南ベトナムの首都サイゴン(現ホーチミン)の米大使館屋上からヘリコプターで撤収する米国人と避難民が運ばれた光景は、多くの人の目に焼き付いている。だがバイデン米大統...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1449文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン