/

この記事は会員限定です

ウクライナの子供たちに関心を 黒柳徹子氏

国連児童基金(ユニセフ)親善大使

[有料会員限定]

私がウクライナの農村を舞台にしたミュージカル「屋根の上のヴァイオリン弾き」でフルマ・セーラの役を演じたのは今から50年ほど前のことだった。20世紀初頭のウクライナを舞台に、ロシア帝国の迫害で故郷を追われたユダヤ人家族の離散を描いたお話である。

この作品の舞台からは100年以上がたち、ウクライナを取り巻く状況は大きく変わった。しかし今日、再び多くの人々が紛争によって故郷を追われ、避難を余儀なくされ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り972文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン