/

この記事は会員限定です

光ファイバーにプラ製という革新 脱炭素や自動運転に

編集委員 小玉祥司

[有料会員限定]

ネット社会のインフラに欠かせない光ファイバーに革新が起こりつつある。従来脇役だったプラスチック製光ファイバー(POF)の技術が進展、データセンターの電力消費削減や遅れのないデータ処理などへの期待が高まっている。大きな可能性を秘めるこの技術は実は日本発。脱炭素や自動運転などへの貢献が見込まれる。

日本発の技術開発

通信エラーの訂正が必要のない光ファイバー――慶応義塾大学の小池康博教授らは、そうした光...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1562文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン