/

この記事は会員限定です

大阪、「商都」が誇る国際見本市 1954年に国内初開催

時を刻む

[有料会員限定]

1954年に日本で初めての本格的な国際見本市を開いたのは大阪だった。輸出振興によって日本の高度経済成長に貢献し、85年には大阪市が中心になって大阪・南港に最先端の国際見本市会場「インテックス大阪」を開設した。しかし関西経済の低迷もあり、今や首都圏やアジア諸都市にハード・ソフト両面で水をあけられている。

54年4月10日。大阪市内では市電、市バス、地下鉄の全車両が第1回「日本国際見本市」を祝って旗...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1573文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン