/

この記事は会員限定です

日銀縛る米の小幅利上げ路線 円高警戒、緩和の出口遠く

編集委員 清水功哉

[有料会員限定]

今週は日米の中央銀行が金融政策を議論する会合を開いた。そこから改めて見えてきたのは、米金融政策の動向に縛られ、マイナス金利政策などから簡単には手を引けそうにない日銀の姿だ。日銀が18日の金融政策決定会合で、新型コロナウイルス対応の資金繰り支援策の延長を決めるなど金融緩和政策を粘り強く続ける姿勢を示した背景でもある。日銀は気候変動関連分野での金融機関の取り組みを支援する新たな資金供給の仕組みを導入するこ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1720文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン