/

この記事は会員限定です

プラスチックごみ削減どう実現 新法施行、識者に聞く

森井久恵氏/増井徳太郎氏/中台澄之氏/高田秀重氏

[有料会員限定]

プラスチックごみの削減や再資源化に向けた「プラスチック資源循環促進法」(プラ新法)が4月に施行される。小売りやサービス業にはスプーンなど12品目で削減が義務化され、私たちの暮らしにも変化が訪れる。ごみを減らし、循環型経済への移行の一歩となるか。新法の意義や課題を専門家に聞いた。

消費者の「共感」が不可欠 スターバックスコーヒージャパンCMO 森井久恵氏

外食産業は店頭や持ち帰り・宅配など消費者と...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3841文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン