/

この記事は会員限定です

高校生に1年間の「国内留学」 非連続な成長の機会を

岩本悠 地域・教育魅力化プラットフォーム代表理事

[有料会員限定]

松江市の一般財団法人「地域・教育魅力化プラットフォーム」は今年度から、高校生の1年間の国内留学を実現する事業を始めた。その狙いなどについて岩本悠代表理事に寄稿してもらった。

近年、イノベーション創出やリーダー人材育成に絡んで「越境」という概念が注目されている。異なる組織・環境・文化に飛び込む越境体験はコンフォートゾーン(居心地のいい場所)を越え、様々な葛藤を通して自らの見方・考え方・あり方を再...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2271文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン