/

この記事は会員限定です

「当分の間」という政策の進め方 渡辺博史氏

国際通貨研究所理事長

[有料会員限定]

かなりの数の法律が条文中に「当分の間」という語を含んでいる。変える理由が出て来るまではこの定めでいく、というのが法律の本来の考え方だろう。日本でも、憲法の改定は制定後行われていないが、他の法律の場合には、適時といえるかどうかは別にして、改正されてきている。

そうした目で見ると、「当分の間」という定め方は、やや覚悟に欠ける印象がある。さらに、「当分の間」というと、数年とか長くても10年くらいかなと思...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1010文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン