/

この記事は会員限定です

気候安全保障を考える(8) 政治制度がリスクに影響

京都大学准教授 関山健

[有料会員限定]

気候変動が紛争のリスクをどの程度高めるかは、その国や地域が持つ脆弱性や適応能力で異なります。

独ハンブルク大学のT・イデ氏は、貧困率の高い国や、自然条件に左右されやすい農業などの産業に大きく依存する国は、気候変動に起因する紛争に見舞われるリスクも高くなると予想しています。また、米インディアナ大学のR・ルーベニィ氏は、多くの発展途上国は、インフラや社会サービスが未整備なため都市の人口吸収余力が小さく...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り655文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン