/

この記事は会員限定です

気候安全保障を考える(5) 経済格差拡大が招く危機

京都大学准教授 関山健

[有料会員限定]

気候変動とそれによる異常気象や自然災害は、農業や漁業など食料生産にも深刻な影響を与え、生産者の収入減や食料価格の上昇を招く可能性があります。

収入と経済的機会の喪失は、反乱や暴動参加への機会費用を下げ、相対的な期待利益を高めます。異常気象や自然災害による生産者の収入減や食料価格の上昇は、紛争の発生、期間、激しさに影響する可能性があるのです。特に、代替食料を容易に入手できない都市住民にとっては、食料...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り640文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン