/

この記事は会員限定です

気候安全保障を考える(1)高まる紛争や暴動のリスク

京都大学准教授 関山健

[有料会員限定]

みなさんは「気候安全保障」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。気候安全保障とは、気候変動が遠因となって起きる紛争や暴動から国や社会を守ることです。日本ではなじみの薄い言葉ですが、国際社会では気候変動がもたらす安全保障上の脅威に関心が高まっています。

国連安全保障理事会は2007年以来、気候変動、資源や水の希少化、生態系変化などが安全保障に与える影響について議論を重ねています。欧州連合(EU)も...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り626文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン