/

6月末予想、米の物価上昇が焦点に 日経平均・円ダービー

読者から6月末の相場予想を募る日経平均ダービーと円・ドルダービーの締め切りが5月31日に迫った。金融市場は米国の急速な物価上昇への懸念から神経質な動きを見せている。予想のポイントを専門家に聞いた。

4月の米消費者物価指数は前年同月比4.2%上昇と約12年半ぶりの高い伸びを記録した。米国は新型コロナウイルス向けのワクチン接種が進み、力強い景気回復が期待されていた。急速な物価上昇(インフレ)が続けば米連邦準備理事会(FRB)が金融緩和を修正する可能性が高まる。景気回復に水を差しかねず、株式相場は5月中旬以降、乱高下が続いている。

りそなアセットマネジメントの黒瀬浩一氏は6月にかけても「世界的なインフレ懸念から株価は値動きの荒い展開が続く」と見込む。インフレ懸念により金利が上昇すれば、これまで株価をけん引してきたIT(情報技術)銘柄への投資妙味が薄れる。日本ではワクチン接種が期待通りに進まずに株価の重荷となるリスクもあるという。一方、景気回復への期待も根強く、不動産や銀行株には上昇余地もある。黒瀬氏は6月末の終値を2万8500円~2万9500円と見込んでいた。

円相場はどうか。ソニーフィナンシャルホールディングスの石川久美子氏はFRBが金融緩和を維持する姿勢を見せていることに注目する。「緩和的な姿勢が続くならドル安圧力となる」と話していた。ただインフレが加速すれば金利上昇に伴うドル高圧力も強くなる。さらに「FRBが早期引き締めに転じるとの見方が強くなれば、株安がドル安に波及する」と複雑な展開もありうるとした。石川氏は6月末の予想レンジを1ドル=108円78銭~109円80銭と置いていた。

【日経平均ダービー、6月末の予想を募集】
 日経平均ダービーの予想締め切りは5月31日24時です。6月30日の日経平均株価終値の予想を募集します。1人1予想に限ります。複数応募や必要事項の記入漏れは失格になることがあります。
 ★ここから応募できます。
 入賞者には図書カードを進呈。1位は3万円、2位は2万円、3位は1万円、4位以下の入賞者には5000円です。ピタリ賞もあります。
【円・ドルダービー、6月末の予想を募集】
 円・ドルダービーの予想締め切りは5月31日24時です。6月30日の東京外為市場の円・ドル相場(午後5時の終値、値幅の左側の数字)の予想を募集します。1人1予想に限り、複数応募は失格になることがあります。
 ★ここから応募できます。
 入賞者には図書カードを進呈。1位は3万円、2位は2万円、3位は1万円、4位以下の入賞者には5000円です。ピタリ賞もあります。
日経平均・円ダービーでは、読者の皆さんの投票を募集しています。詳細は上記の募集要項をご覧ください。日経平均ダービーへの応募はこちら、円・ドルダービーへの応募はこちらから投票してください
*会員限定

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン