/

この記事は会員限定です

JR「再改革」の高い壁 成功がもたらすジレンマ

[有料会員限定]

過去の成功体験が大きいほど次なる改革の妨げになるという「イノベーションのジレンマ」を自著で説いたクレイトン・クリステンセン米ハーバード大経営大学院(HBS)教授が白血病に侵され、67歳で亡くなったのは2020年1月下旬。中国・武漢で新型コロナウイルスによる「初の死者」が出たと報じられて10日ほど後のことだった。

教授は01年に出版した同著日本版で、1960~80年代に成功を収めた日本経済が最上層...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1059文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン