/

この記事は会員限定です

新時代の企業統治(11) 株式市場改革が与える影響

東京都立大学教授 松田千恵子

[有料会員限定]

企業統治を巡る枠組み改革は矢継ぎ早に進みます。2021年3月の会社法改正で、社外取締役設置や取締役会による報酬の決定方針策定などは義務化されました。6月にコーポレートガバナンス・コード再改訂の確定版が公表され、12月までにこれに沿ったコーポレートガバナンス報告書の提出が求められます。

また、今回の再改訂では、22年4月に迫った東京証券取引所の市場区分見直しが多く反映されています。これまでの4市場区...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り626文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン