/

この記事は会員限定です

鍵握る雇用拡大、前途多難 韓国大統領選と日韓関係

深川由起子・早稲田大学教授

[有料会員限定]
ポイント
○家計債務の膨張続き衝撃に弱い経済構造
○文政権の「所得主導成長」など負の遺産大
○日韓は底辺への競争より頂点への競争を

韓国大統領選は、保守系最大野党「国民の力」の尹錫悦(ユン・ソクヨル)氏が薄氷の勝利を得た。だが前門には地政学リスク高まる世界経済、後門には文在寅(ムン・ジェイン)政権の残した負の遺産が控える。政策の選択肢は限られ、経済運営も薄氷が続く。

世界需要の強い半導体など輸出にけん引...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2624文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

経済教室

マクロ経済学などを専門とする学者や有識者が内外の論文やデータを紹介しながら、学術的な視点から経済の動きをわかりやすく解説します。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン