/

この記事は会員限定です

年齢での一律雇用維持、限界 高齢者雇用どう進めるか

近藤絢子・東京大学教授

[有料会員限定]
ポイント
○65歳までの雇用延長は比較的順調に推移
○若年雇用への影響は各国の事情で異なる
○高齢者の労働供給をゆがめる制度見直せ

2021年版「高齢社会白書」によれば、現在日本の人口の28.8%が65歳以上の高齢者だ。この比率は今後も上昇を続けることが見込まれ、25年には30%、団塊ジュニア世代(1971~74年生まれ)が65歳に到達する40年ごろには35%を超えると予測される。これに伴い、65歳以上の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2663文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン