/

この記事は会員限定です

清水邦夫さんを悼む 夢と挫折描いた演劇の詩人

[有料会員限定]

15日に84歳で亡くなった劇作家、清水邦夫さんは演劇の詩人だった。夢破れた人間の魂の叫び、青春の輝きに押しつぶされる精神の狂い。生きることの酷薄さをとらえる長いせりふは豊かな韻を踏み、言葉の力で観客の胸をゆさぶった。

演出家、蜷川幸雄とコンビを組んだ6年ほどは、社会への異議申し立てという時代の空気と激しく共振した。コンビ第1作「真情あふるる軽薄さ」(1969年)は、行列に並ぶ若者が整理員にたたきの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り932文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン