/

この記事は会員限定です

かかりつけ医、制度化の論点 登録制・人頭払いが大前提

印南一路・慶応義塾大学教授

[有料会員限定]
ポイント
○英国の家庭医は初期の診断・治療に責任
○かかりつけ登録診療所の制度化が現実的
○フリーアクセス・出来高払いと併用回避

6月に閣議決定されたいわゆる骨太方針には「かかりつけ医機能が発揮される制度整備を行う」と明記され、かかりつけ医の制度化が第一歩を踏み出した。英国の「家庭医」の原型をみてから、日本で制度化するうえでの課題を考えたい。

◇   ◇

英国の家庭医はGP(General Practi...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2629文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

経済教室

経済学などを専門とする学者や有識者が内外の論文やデータを紹介しながら、学術的な視点から経済の動きをわかりやすく解説します。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン