/

この記事は会員限定です

コロナ対応の債務膨張 インフレ「誤算」で世界に暗雲

Global Economics Trends 編集委員 太田康夫

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大対策で膨れ上がった財政が、経済に重くのしかかろうとしている。予想を超える物価上昇圧力により利払い負担が重くなる恐れが強まる一方で、物価上昇に弾みをつける一段の財政拡大策もとりにくくなっている。政策論的には、財政政策と金融政策を組み合わせた危機対策の正常化に向けた「出口」で機動性を欠くリスクが意識されている。対応を誤ると大規模な金融危機を招きかねないことから、量的緩和の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4820文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン