/

この記事は会員限定です

個人情報保護ルール精緻化 大学などにも影響

科学記者の目 編集委員 滝順一

[有料会員限定]

2022年4月に改正個人情報保護法が施行される。これまで民間部門や行政機関、独立行政法人、地方自治体ごとに法制(法や条例)が異なっており、その数の多さから「2000個問題」と呼ばれ課題とされてきた。これが1本の法律に統合される。影響は大学など学術研究機関にも及ぶ。内閣官房のワーキンググループなどで改正作業に携わった国立情報学研究所の佐藤一郎教授は「国立、私立大学で改正に応じた準備が進んでいない」...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2329文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン