/

この記事は会員限定です

インド「モディノミクス」空転 頼みの支持率にも陰り

経済停滞、コロナ以外の理由も

[有料会員限定]

新型コロナウイルス感染拡大の直撃を受けたインド経済が新たな試練に直面している。2020年度(21年3月期)の国内総生産(GDP)成長率がマイナス7.3%という記録的な減速となるなど、インド経済の構造的な弱点が次々と露呈。ナレンドラ・モディ首相の主導する経済政策「モディノミクス」が進んでいない実態が顕在化してきた。

失われた2年、回復には時間

モディ首相は9月中旬、お膝元の西部グジャラート州アーメダ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1694文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン