/

この記事は会員限定です

Apple判決が示した米独禁法の限界 盛り上がる改正議論

[有料会員限定]

人気ゲーム「フォートナイト」の開発元の米エピックゲームズが、アプリ配信の仕組みを巡り米アップルを訴えていた裁判の判決が9月、米連邦地裁であった。連邦地裁はアップルに課金ルールの見直しを命じる一方で、同社が独占企業にあたるとは認めなかった。硬直化する米国の独禁法の限界を示したともいえ、バイデン政権下で、独禁法を強化する立法措置が加速するとの見方も強まる。

シェア過半でも「独占にあらず」

9月10日の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り959文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン