/

この記事は会員限定です

学びの変革進めるために 学校・教委の風土刷新を

平川理恵・広島県教育長

[有料会員限定]

日本の経済・社会が激変する中で、教育界も従来の前提を見直し、不連続な一歩を踏み出すことが求められている。「学びの変革」を進める広島県の平川理恵教育長は、学校の組織風土の刷新が必要だと指摘する。

広島県は学びの変革に取り組んでいる。日本の学校では長年、受動的・同調的な学びが続いてきた。それを「主体的・対話的で深い学び」に変えるため、私たちにできることは何だろうか? そのカギは、学校や教育委員会...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2199文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン