/

この記事は会員限定です

ノーベル賞候補「精密重合」 応用で日本企業がけん引

TechMAP

[有料会員限定]
NIKKEI BUSINESS DAILY 日経産業新聞

「精密重合」は化学物質を構成する分子の長さや形をそろえ、狙い通りの機能を持たせることができる。この分野を切り開いた日本や米国の研究者はノーベル賞候補といわれる。日本の化学会社が様々な高機能製品を生み出し、普及を後押ししてきた。素材産業の競争力を左右する技術となっており、世界の動向を特許庁の特許出願技術動向調査の報告書をもとにまとめた。

経済安全保障に直結する戦略物資となった半導体。微細な回路を刻む...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1991文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経産業新聞をPC・スマホで!初回1カ月無料体験実施中

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。初めての方は1カ月無料体験を実施中です。

日経産業新聞をPC・スマホで!初回1カ月無料体験実施中

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。初めての方は1カ月無料体験を実施中です。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン