/

この記事は会員限定です

世界を変えたブランド広告(1)バーバリー「FESTIVE」

クリエイティブ・ディレクター 杉山恒太郎

[有料会員限定]

「ブランド」とは最早マーケティングの手段ではなく経営の根幹をなすものだ。それは社会への約束と自らの態度表明であり、昨今では「Brand purpose(ブランド・パーパス)」、企業は社会的存在意義を強く問われるようになった。世界最大の広告祭カンヌライオンズからその傑作品を紹介したい。

「2020年をこのように乗り越えられたら」、コロナ禍での応援メッセージと共にSNS(交流サイト)上で話題を呼んだ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1235文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン