/

この記事は会員限定です

「45歳定年」が拓くプロへの道 長期雇用捨て社外活躍も

上級論説委員 水野裕司

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

経済同友会が9月上旬にオンラインで開いた夏季セミナーで、サントリーホールディングスの新浪剛史社長が「45歳定年制」を提唱した。

「個人は会社に頼らない仕組みが必要」という問題提起だ。「要はリストラではないか」などと批判され「定年という言葉を使ったのはまずかったかもしれない」と釈明したが、問題意識は的外れではないだろう。長期雇用は働き手にとっても、うまみが薄れてきているからだ。

厚生労働省の賃金構造...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1413文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン