/

この記事は会員限定です

転機の米競争政策、テクノナショナリズムとどう整合

編集委員 瀬川奈都子

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

独占禁止法学者のリナ・カーン氏が米連邦取引委員会(FTC)委員長に就任したことで、米国の反トラスト法(独禁法)の規制動向が注目されている。同氏は米巨大IT(情報技術)企業への反トラスト法の規制強化を唱えてきたためだ。一方、欧米諸国は、中国の脅威の前に自国企業の技術を保護する「テクノナショナリズム」の機運も強めており、構図は単純ではない。

Nikkei Views

編集委員が日々のニュースを取り上げ、独自の切り口で分析します...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1255文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン