/

この記事は会員限定です

気候変動と金融政策 日銀の立ち位置 前田栄治氏

ちばぎん総合研究所社長

[有料会員限定]

日本銀行は気候変動対応を支援する新たな資金供給の仕組みについて、6月に導入を表明、先週の金融政策決定会合で骨子素案を決定した。併せて、金融システムや外貨資産運用の観点を含め、気候変動に関する日銀全体としての取り組み方針も公表した。

金融政策面での気候変動への対応について、主要中銀では、米連邦準備理事会(FRB)が慎重さを示す一方、欧州中央銀行(ECB)や英イングランド銀行(BOE)は早くから積極的な姿勢を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1031文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン