/

この記事は会員限定です

ファストリ柳井氏の「正しさ」 ウイグル問題が試金石

編集委員 田中陽

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

多くの流通企業が新型コロナウイルスによって厳しいかじ取りを強いられる中、ファーストリテイリングは持ち前のレジリエンス(復元力)で乗り切った。幾度の小さな失敗をテコに次の飛躍に生かす組織力に根付くものは何か。それは至極まっとうな言葉で、創業者で会長兼社長の柳井正氏の口から幾度となく発せられた。

8日に開かれたファストリの決算発表。2021年8月期通期の業績予想を一部上方修正し、営業利益が前期比71%増の2550億円と大幅...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2212文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン