/

この記事は会員限定です

バフェット氏は指数に勝てたか SECへの報告書を分析 

編集委員 前田昌孝

[有料会員限定]

著名投資家ウォーレン・バフェット氏が率いる投資会社バークシャー・ハザウェイは11月15日、米証券取引委員会(SEC)に2021年9月末現在の保有銘柄報告書を提出した。保有銘柄数(米国市場上場のみ)は1銘柄減って41銘柄。一定の仮定を置いて計算した7~9月期の投資収益率は0.78%とさえなかった。バフェット指標は株式相場の過熱感を示しているが、投資ポートフォリオに占める株式の割合は66.2%と高水...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2815文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン