/

この記事は会員限定です

古希を迎えるテレビはどこへ

NIKKEI The STYLE 文化時評

[有料会員限定]

テレビを買ってくれないなら、一切しゃべらない。だんまり戦術だ。

小津安二郎監督の映画「お早よう」は、新興の住宅地に住む兄弟と、その両親の駆け引きをコミカルに描く。1959年の公開だ。

劇中、兄の方は初歩の英語を音読している。13歳とすれば現在は70代半ば。テレビほしさに、子ども時分、同様の策を弄した方もいるかもしれない。

テレビの本放送は53年2月のNHKが最初で、同年8月には日本テレビが後を追...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1727文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

NIKKEI The STYLE の名物コラム「文化時評」の記事サイトです。アート、文学、サブカルチャーなど文化・社会における旬の話題やニュースを論評します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン