/

この記事は会員限定です

鉄人の団らん 鈴見健夫

[有料会員限定]

1977年ごろ、当時勤務していた旭硝子(現AGC)の上司に「銀座に安くてうまい和食店がある」と連れていかれたのが「銀座ろくさん亭」だ。店の主人は当時40代の道場六三郎さん。テレビ番組「料理の鉄人」が始まるのは93年だからまだ有名ではなかったが、料理の味は確かだった。それから店に通うようになり、親しくさせて頂くようになった。

ある時、私の古い友人の近畿日本鉄道の幹部から奈良の世界遺産、春日山原始林...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り337文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン