/

この記事は会員限定です

鳥インフルはブラックスワンか 欧米で異例の感染拡大

編集委員 下田敏

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

高病原性鳥インフルエンザ(HPAI)が世界的に猛威を振るい、欧州では本来「終息期」である夏も感染が続いたまま再び流行期を迎える異例の事態となっている。欧州で流行する強毒性のH5N1型は2021年秋に大西洋を越えたとみられ、米国では22年以降の家禽(かきん)の殺処分が約5800万羽と過去最悪になった。人への感染はほとんどないとされるが、長期の感染拡大が続けば、鳥インフルエンザがブラックスワン(黒い...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2548文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません