/

この記事は会員限定です

2ケタ円高消滅5年 100円遠ざける構造変化と政策

編集委員 清水功哉

[有料会員限定]

外国為替市場で1㌦=100円を突破する円高が起きなくなってから来週で5年になる。経済の構造変化と金利を低位安定させる政策対応で円買い圧力が弱まった。こうした状態は当面続くとの見方が多い。100円程度は日本の輸出企業の採算レートになっており、「2ケタ円高」消滅は輸出面で景気の足を引っ張る力の後退を意味する。ただ円安の影の部分を指摘する声もある。

円相場が100円を上回った最後のケースは2016年8...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1114文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン